転売が悪だということを伝えたい

おこですよ!!おこ!!おこってもう古いのかな!!<(`^´)>

 

前回の記事で書いたのですが、私は2週間ほど前からメルカリを始めました。

今のところ、ものが2つ売れました。なかなか良いお値段になって満足でした。

 

そのね、一番最初に売れたものにまつわる話です。

簡潔に言いますと、「私がメルカリで一番初めに売ったものは購入者に即転売されました」というお話。

 

・・・昨日気が付いたんですよ。ふと購入者さんのマイページを見てみたら、私が売ったものと同じものが売られていたのですよ。私より高い価格で!!!

この時の私の気持ちが分かりますか。。「びっくり」→「がっかり」→「怒り」の三段階に変化した私の気持ちが。

 

その後最初にしたことは、「メルカリにおいて転売は違反なんじゃないの…?」という疑問をネットで調べること。

調べた結果・・・「違反ではあるけど多すぎて運営も手が出せなくて黙認しているところがある??」「サイズ違いなどの場合は手数料・送料上乗せくらいはOK」「通報しても、他のサイトで出している場合もあるからどうしようもない」などなど。。

 

私の場合は、サイズ違いとか、思ったのと違ったという理由で無いことは確かです。

だって私が売ったのは使わなくなったiphoneですもの。

そして、その方が転売ページで「動作正常、綺麗な状態」ということを書いている。

つまり、「思ったのと違った」んじゃないんです。確信犯です。

しかも、上乗せ額は私が売った値段の1000円以上。手数料・送料抜いても、私のを売って800円くらいの利益が出る。

 

まあ、そんなわけで絶対的にクロだと思います。

それはそれとして、ここからが本題です。(前置き長くてごめんなさい)

さっき「転売が違反なんじゃないか」とネットで調べたと書きましたが、その時に「転売は悪いことなのか」という意見を多く目にしました。

 

「悪いに決まってるだろう!!!!」と思いましたが。

じゃあ何が悪いのか?理由について、その時の自分ははっきり返すことが出来ないなと思ったので、じっくり考えて答えを出してみました。

そして私なりに「転売を擁護する人」を論破してみました。長いですが、よかったら読んでみてください。

 

①「転売屋の儲けは労力への対価」理論を論破する。

・・・「限定商品」の転売屋に対する擁護でよくありますね。“限定商品は手に入れるの大変だから、転売屋のおかげでお金さえ積めば誰でも買えるようになるから助かる”という言い分のやつ。「転売屋から買う側」の目線が入っている分、一見そうかもと錯覚してしまいそうになる理論。

これの何がダメかというと、「転売屋は誰とも契約していない、勝手にやっていることである」ことだと思います。

例えば、お金持ちの方がバイトを雇って、その人にバイト代を払って「限定商品」を買いに行かせるのは何の問題もありません。

また、友達がその限定商品を持っていて、その友達に「定価より高くていいから譲ってくれよ~」と頼むのももちろん転売じゃないです。

金持ちが金の力で解決するのは個人の自由です。しかし、転売屋は「買占め」をしますから、「定価でなら買いたかった」という人の権利を奪っているという点で悪なのです。「定価でなら買いたかった」という人を「お金が無いんだから買えなくて仕方ない」というのは絶対に間違っていると思います。なぜなら定価が適正価格だから。定価の分のお金を持っている時点で、その人に買う権利はあるのです。

「並んで買う人」と「高額で買う人」は本来平等なはずなのに、全員に「高額で買わなければいけない」という同条件を作り出すことで、「高額で買う人」優遇の不平等を作り出しているということです。

 

転売屋が例えば「列に並ぶ」などの労力を使って対価を得ているとして、もしも転売屋の一つ後ろに並んでいた「本当にその商品が欲しい人」が買えなかったら。

「本当にその商品が欲しい人」の労力はどうなってしまうのでしょうね。それを「もっと前に並ばないのが悪い」というのかなあ。転売屋さんは。

 

スマホのアプリゲーとかやってても思いますが、時間を費やして強くなる人と課金して強くなる人のバランスが取れていないアプリは長続きしないなと思います。時間とお金は平等であるべきなのです。そういう話です。)

 

②「購入したものはどうしようがその人の勝手」理論を論破する

転売を擁護するひとには、この意見も多かった。。

「買ったものは転売しようが、わざとぐちゃぐちゃにしようが、何しても自分の勝手である」と。私は、この台詞を言うような人の人格を疑います。

これはね、ただの道徳の問題です。敢えてハッキリ「何がダメなのか」を言うとすると、「そのような行為は誰かの良心を踏みにじっている」からダメなのです。

 

私の今回のiphone転売事件もそうだけどね(;O;)私は、初めて自分が売ったものが「転売される」という経験をして、ハッキリと「良心が踏みにじられた」ということを感じました。

メルカリは、取引中にメッセージを送りあったりできるんですよ。「発送しましたー」とか「届きましたー」とか、そんな簡単なものですが。

その時のやりとりの中で、私は相手の人に「感じの良い丁寧な方」という印象を持ったのです。でも、その人は転売をしていた。

それを知ったときに、「感じの良い人のふりをしていながら、心の中では“こいつより高く売ってやろう”とか“馬鹿な初心者は利用しやすいな”とか考えてたのかな」って真っ先に想像して凄く悲しい気持ちになったのです。

 

そしていまは怒ってこんなに長文のブログを書いているのですが( `ー´)ノ

 

分かりやすい例を挙げると、「漫画家さんや芸能人からもらったサインを転売する奴」とかいるじゃないですか。あれはもう良心を踏みにじっている典型ですよね。

サインを書いた人は、「喜んでくれる」と思って書いてくれたのですよ。お金のために利用されるために書いたんじゃない。

 

だからダメなんです転売は。今回、「転売」についてネットで調べてたら、「あなたもネット転売で儲けよう!」「今日からできる簡単副業!転売のやり方教えます」みたいなサイトがすぐに出てきて、頭が痛くなりました。

全然悪気が無いのが怖いね。簡単副業って。。そりゃあ簡単でしょうなあ。人の良心を利用するのを厭わない人ならね。

 

良心を踏みにじっても何も思わない人は、平気でこれからも転売を続けていくんだろうと思います。ただせめて、「転売が悪いことである」ことすら分からずに転売を始めたり、転売屋から物を買ったりしているひとには「転売は悪だよ。」ってはっきり伝えたいなあと思いました。

 

ここまで読んでくれた方、ありがとうございます。

ブログは書き始めると止まらなくなりますね(;・∀・)

私の言いたいこと、ちゃんと伝わったでしょうか。伝わったらいいな。

1月に始めたばかりの過疎ブログですが、「転売」でキーワード検索をして引っかかった人が読んでくれたらいいなと思って書いてみました。

 

これで今日からあなたも転売厨を論破だ☆